カテゴリ

最近の投稿

« | Home | »

3/16(金)光文社新書『対話型講義 原発と正義』刊行

Posted: on 5:49 pm | メンバーの著作

光文社新書より、小林正弥著『対話型講義 原発と正義』が刊行されました。

政治哲学を導きの糸としながら、原発の推進の是非、エネルギー問題のあり方、

そして原発の正義/不正義を徹底的に議論します。

 

2012年3月16日発売
定価:861円(税込み)
ISBN 978-4-334-03676-8
光文社新書

http://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334036768

光文社新書のサイトより

国難に直面した私たちはいかに思考するべきか?
福島第一原発事故により、普段は“机上の空論”と揶揄されがちだった哲学的な多くのジレンマが現実となった!
放射能汚染、東電の賠償責任、発送電分離、そもそも原発は正義なのか――
数々の難題に直面してしまった私たちは、広く徹底的に議論して解決策を見つけなければならない。本書では、原発推進・縮減・反対などあらゆる立場の参加者が白熱討論を展開。議論を通じて公共哲学の思考プロセスが身につく、全日本人必読の書。

目次
第一講 正義論と公共哲学
第二講 これからのエネルギーの話をしよう
第三講 暴走する原発――功利主義 対 生命の尊厳
第四講 東京電力をどうするか――リバタリアニズム 対 公共性
第五講 原発は正義か、不正義か?――リベラリズムとコミュニタリアニズム

No comments

Jump to comment form | comments rss | trackback uri

Name (required)

Email (required)

ウェブサイト

Speak

対話型講義のススメ マイケル・サンデル関連情報      ハーバード白熱教室JUSTICE特設サイト  小林正弥オフィシャルページ      3.11震災後の世界を語ろう

メーリングリスト

検索


リンク

重要リンク

関連リンク

     

掲示板

total of 5029424 visits