カテゴリ

最近の投稿

« | Home | »

吉永明弘著『都市の環境倫理 持続可能性、都市における自然、アメニティ』勁草書房

Posted: on 6:25 pm | メンバーの著作, 書籍・雑誌情報(Books, Journals, Magazines)

吉永明弘著『都市の環境倫理  持続可能性、都市における自然、アメニティ』勁草書房

【内容説明】

これまでの環境倫理学と都市研究をふまえながら、都市の持続可能性、都市における自然、都市の快適な居住環境(アメニティ) の維持という三つのテーマを軸に規範的な論点をわかりやすく提示する。ロマンチックな「環境保全」から市民が議論し規範を作り出す環境倫理へ。身近で具体 的な現場に即し環境倫理を考える入門書。

【目次】

はじめに
第Ⅰ部 環境倫理学をふりかえる
第1章 アメリカの環境倫理学
第2章 日本の環境倫理学
第3章 「都市の環境倫理」ための基礎

第Ⅱ部 都市の環境倫理
第4章 「都市の環境倫理」の問題領域と担い手
第5章 都市の持続可能性,都市における自然,都市のアメニティ
第6章 「都市の環境倫理」の具体化にむけて
おわりに
【ブックガイド】環境倫理学を総覧したい人のための20冊

http://www.keisoshobo.co.jp/book/b147058.html

*以下のシノドス掲載記事(WebRonzaにも再掲)もご参照ください。

「自然環境」のみが環境ではない――いまなぜ「都市の環境倫理」を問うのか
吉永明弘 / 環境倫理学

http://synodos.jp/society/7981

http://webronza.asahi.com/synodos/2014050600001.html

No comments

Jump to comment form | comments rss | trackback uri

Name (required)

Email (required)

ウェブサイト

Speak

対話型講義のススメ マイケル・サンデル関連情報      ハーバード白熱教室JUSTICE特設サイト  小林正弥オフィシャルページ      3.11震災後の世界を語ろう

メーリングリスト

検索


リンク

重要リンク

関連リンク

     

掲示板

total of 5029413 visits