カテゴリ

最近の投稿

Author Archive

11/22・23「コミュニティの幸福と公正」公開講座&国際シンポジウム

木曜日, 11月 2nd, 2017

千葉大学リーディング研究育成プログラム「未来型公正社会研究」主催 +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 第3回公開講座「コミュニティの「良き状態」の理解と促進」 […]

Read More..>>

11/3第14回南原繁シンポジウム「憲法改定」問題と南原繁

木曜日, 11月 2nd, 2017

第14回(2017年度) 南原繁シンポジウム 「憲法改定」問題と南原繁 -憲法施行70周年に当って考える-  憲法施行70周年を迎えた現在、自民党が戦後日本の理念を体現してきた憲法の精神を総否定する憲法草案を発表し、また […]

Read More..>>

3/29(水)◎公共哲学カフェ 30 :文化・芸術から日韓の未来をともに公共哲学する◎

水曜日, 3月 22nd, 2017

◎公共哲学カフェ 30 :文化・芸術から日韓の未来をともに公共哲学する◎ 【日時】: 2017年3月29日(水) 18時30分~20時30分(開場18:15) 【会場】: 東京工業大学田町キャンパス内 キャンパス・ イノ […]

Read More..>>

前野隆司×保井俊之『無意識と対話する方法』

火曜日, 1月 31st, 2017

前野隆司×保井俊之『無意識と対話する方法~あなたと世界の難問を解決に導く「ダイアローグ」のすごい力』 定価 : 1,512 円(税込) [ISBN] 978-4-8470-9537-5  [発売日] 2017-01-24 […]

Read More..>>

11/3(木・祝)第13回南原繁シンポジウム「南原繁の戦後体制構想」

金曜日, 8月 12th, 2016

第13回南原繁シンポジウム「南原繁の戦後体制構想」 南原繁の諸活動のうちで最も大きな社会的影響力をもったのは、戦後体制の構想者としての それであった。敗戦に打ちひしがれて将来への展望をもちえないでいた多くの国民は、深い […]

Read More..>>

『南原繁と戦争―歴史からの教訓』(南原繁研究会編)

火曜日, 8月 9th, 2016

第12回南原繁シンポジウム(2015年)の記録を中心とする12冊目の南原繁研究会の図書。加藤陽子東京大学教授の基調講演「南原繁と太平洋戦争―終戦 のかたちと天皇の地位を中心に―」を収める。加藤陽子教授は、南原らが行った終 […]

Read More..>>

『わがまち再生プロジェクト』(桑子敏雄著)

火曜日, 7月 12th, 2016

『わがまち再生プロジェクト』(桑子敏雄著) 現場に哲学が求められる、地方創生の処方箋がここに! 発売日:2016年03月31日 電子書籍配信日:2016年03月31日 定価(税込): 1620円 B6判 ISBN 978 […]

Read More..>>

7/24(日)金泰昌さんとの公共哲学カフェ

火曜日, 7月 12th, 2016

◎公共哲学カフェ 29 :ともに公共哲学する時空――金泰昌さんとの対話◎ 【日時】: 2016年7月24日(日) 15時00分~17時30分(開場14:45) 【会場】: 東京工業大学田町キャンパス内 キャンパス・ イノ […]

Read More..>>

『政治哲学的考察―― リベラルとソーシャルの間 ――』 宇野重規著

火曜日, 5月 31st, 2016

『政治哲学的考察―― リベラルとソーシャルの間 ――』宇野重規著 岩波書店刊 定価:本体 3,400円 + 税2016年5月18日ISBN:978-4-00-061128-2 C0031 現代において人々は自らと社会をど […]

Read More..>>

小林正弥【神社が改憲運動をしていいのか】WEBRONZA+

水曜日, 3月 2nd, 2016

神社が改憲運動をしていいのか(上)「宗教の公共性」に照らして考える(2016年02月05日) 神社が改憲運動をしていいのか(中)改憲を主張するなら宗教的理由を説明すべきだ (2016年02月08日) 神社が改憲運動をして […]

Read More..>>
対話型講義のススメ マイケル・サンデル関連情報      ハーバード白熱教室JUSTICE特設サイト  小林正弥オフィシャルページ      3.11震災後の世界を語ろう

メーリングリスト

検索


リンク

重要リンク

関連リンク

     

掲示板

total of 5059222 visits