カテゴリ

最近の投稿

« | Home | »

5/17(土)慶応大学医療系学部生向け講義「対話力とは何か」

Posted: on 6:32 pm | 公共的活動(public action), 対話型講義の情報

日程: 2014年5月17日(土)
場所: 日吉キャンパス
参加者:
合計  382名
・医学部1年  111名
・看護医療学部1年  110名
・薬学部薬学科1年  161名

概要:「対話力とは何か」のあと、医看薬混成7-8名×48グループにわかれて「より良い対話をするには」をテーマにディスカッションし、全グループでプレゼンテーションを行いました。

5月17日(土)14:40〜18:00、日吉キャンパスにおいて「医療系三学部合同教育初期」が実施され、医学部、看護医療学部、薬学部薬学科の1年生382名が参加しました。

末松医学部長、太田看護医療学部長による開会挨拶の後、小林正弥による講演「対話力とは何か」が行われました。「対話」と「ディベート」や「会話」との違い、対話力を構成する4つの力、「対話」に必要なもの、など大変わかりやすい講演でした。最後に「家族内対話、世代間対話、異文化間対話の3つのシチュエーションのいずれかを選び、より良い対話をするためにはどうしたら良いか」という今回のグループワークの課題が提示されました。

グループ毎にわかれたのち、まず2〜3名ずつの自己紹介、さらに相手のことを他のメンバーに紹介する他己紹介を行ったところ、どのグループも雰囲気がこなれ、その後のグループワークにスムーズに移行できたようです。グループワークには不慣れな1年生ですが、ファシリテーターとして参加している教員のサポートにより、時間内にまとめることができました。発表時間は1グループあたり20秒という短いものでしたが、どのグループも簡潔にわかりやすくまとめており、かつグループの”個性”もみられ、笑いも起きる中聞き応えのある発表会となりました。各学部長から、3グループにベストKID賞が授与され、望月薬学部長の挨拶で閉会しました。

本文章は慶応大学のページからお借りしました。

対話型講義のススメ マイケル・サンデル関連情報      ハーバード白熱教室JUSTICE特設サイト  小林正弥オフィシャルページ      3.11震災後の世界を語ろう

メーリングリスト

検索


リンク

重要リンク

関連リンク

     

掲示板

total of 4965359 visits