カテゴリ

最近の投稿

« | Home | »

『政治哲学的考察―― リベラルとソーシャルの間 ――』 宇野重規著

Posted: on 2:41 pm | 公共哲学の関連文献, 書籍・雑誌情報(Books, Journals, Magazines)

『政治哲学的考察―― リベラルとソーシャルの間 ――』
宇野重規著

岩波書店刊

定価:本体 3,400円 + 税
2016年5月18日
ISBN:978-4-00-061128-2 C0031

現代において人々は自らと社会をどのように関係づけ,意味づけているのか.その営みにデモクラシーはどう関わっているのか.トクヴィルや現代フランス政治哲学の研究を通じて,この問題を考察してきた著者による初めての論文集.「トクヴィルと現代政治哲学」「フランス政治哲学の可能性」「政治哲学から社会へ」の三部から構成.

[目次]

第1部 トクヴィルと現代政治哲学(リベラリズムと共和主義の再統合―トクヴィルの遺産)
 トクヴィル復興の意味
 トクヴィルと政治哲学の再生―大西洋両岸におけるトクヴィル
 トクヴィルとネオ・トクヴィリアン―フランス・リベラリズムの過去と現在
 代表制の政治思想史―三つの危機を中心に
第2部 フランス政治哲学の可能性(メルロ=ポンティ/ルフォール―身体論から政治哲学へ)
 平等と自由の相克/相乗
 保守主義と人権
 政治哲学問題としての欧州統合
 シティズンシップと境界線
第3部 政治哲学から社会へ(労働と格差の政治哲学)
 中間集団と社会的なものの再編
 社会的紐帯の政治哲学―トクヴィルを中心に
 政治が社会的靱帯を語るとき

https://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/06/3/0611280.html

No comments

Jump to comment form | comments rss | trackback uri

Name (required)

Email (required)

ウェブサイト

Speak

対話型講義のススメ マイケル・サンデル関連情報      ハーバード白熱教室JUSTICE特設サイト  小林正弥オフィシャルページ      3.11震災後の世界を語ろう

メーリングリスト

検索


リンク

重要リンク

関連リンク

     

掲示板

total of 5024370 visits