カテゴリ

最近の投稿

« | Home | »

11/29(土)第5回南原繁シンポジウムのご案内

Posted: on 5:22 pm | 公共的活動(public action), 学術的活動(academic activity), 研究会・セミナー(seminars)

 公共哲学ネットワークが後援している南原繁シンポジウムが今年も開催されます。今年は「南原繁と教育改革」と題して、基調講演には寺崎昌男先生にお願いをしております。ぜひお誘いあわせの上、ご来場いただければ幸いです。また、ご関心の向きへご案内いただければなおありがたく思います。よろしくおねがいいたします。

 なお公共哲学関係でご参加いただいた小林正弥先生(第1回)、山脇直司先生(第2回)にご登場いただき、それぞれの記録は書籍にまとめられております。こちらもぜひどうぞ。

http://nanbara.sakura.ne.jp/books.html

*****以下、転送歓迎*****

◆第5回南原繁シンポジウム「南原繁と戦後教育改革」のお知らせ
 主催:南原繁研究会 
 後援:岩波書店,学士会,東京大学出版会,公共哲学ネットワーク
 協賛:赤澤記念財団

●日時:11月29日(土)13:00~16:40(開場12:30)

●場所:学士会館210号室(東京都千代田区神田錦町3-28)
    電話03-3292-5936

●参加費:1000円

●プログラムのご案内:
開会挨拶(13:00):加藤 節(南原繁研究会代表,成蹊大学教授)

第1部 講演(13:15~14:15)
「南原繁と戦後教育改革―その現代的意義―」
 寺崎昌男(東京大学名誉教授・立教学院本部調査役)

第2部 パネル・ディスカッション(14:35~16:40)
「南原繁をめぐる人々(その3)」
コーディネーター:加藤 節(成蹊大学教授)
パネリスト:
・前田多門―新公民道の提唱― 村松 晋(聖学院大学准教授)
・田中耕太郎―教育基本法の成立をめぐって― 橋爪孝夫(桜美林大学大学院)
・河井 道―平和を希求する人格の教育― 豊川 慎(明治学院大学講師)
・務台理作―平和論・ヒューマニズムの哲学者― 山口周三(建設業適正取引推進機構理事長)
・天野貞祐―新制大学の理念をめぐって― 木花章智(放送大学講師)

※なおシンポジウム終了後,懇親会(17:00~18:30)を予定しております.
(定員100名 会費2000円 自由参加・当日申し込み)

●シンポジウムへの申し込み方法:
Eメール,FAX,往復はがきに,氏名・住所・電話番号・メールアドレス・
所属(団体・会社・学校等)を明記し(返信葉書には,申し込み者の住所を
ご記入ください)お申し込みください.
1. Eメール shigeru@nanbara.sakura.ne.jp
2. FAX 南原繁シンポジウム事務局 FAX0422-37-3868
3. 往復はがき 180-8633 武蔵野市吉祥寺北町3-3-1 成蹊大学法学部
             加藤節研究室内 南原繁シンポジウム事務局
※締め切り 定員(350名)になり次第締め切ります.

No comments

Jump to comment form | comments rss | trackback uri

Name (required)

Email (required)

ウェブサイト

Speak

対話型講義のススメ マイケル・サンデル関連情報      ハーバード白熱教室JUSTICE特設サイト  小林正弥オフィシャルページ      3.11震災後の世界を語ろう

メーリングリスト

検索


リンク

重要リンク

関連リンク

     

掲示板

total of 5028830 visits