カテゴリ

最近の投稿

« | Home | »

『公共福祉という試み――福祉国家から福祉社会へ』(中央法規) 刊行

Posted: on 4:21 pm | 書籍・雑誌情報(Books, Journals, Magazines)

『公共福祉という試み』
『公共福祉という試み―福祉国家から福祉社会へ』稲垣 久和 (著) が刊行されました。

「公助・自助・共助」の次にくる「公共福祉」は市民がリードし、行政がこれを補完する「私たちの福祉」。公共福祉という視点から、市民主権の福祉社会創設を提案。

【目次】
序章 公共福祉という試み
第1章 福祉について考える
  日本の福祉─構造改革のゆくえ
  近代日本福祉の特徴、そして今後
  福祉の契約制度と憲法の精神
第2章 ケアについて考える
  慈恵と慈善、そして連帯
  家族、中間集団、市民社会
  ケアワークのスピリット
  ケアの論理と倫理
第3章 公共について考える
  「公共の精神」とは?
  パブリックの歴史と意味
  パブリックの新たな意味
  「新しい公共」は国境を越える
第4章 国家について考える
  国家とは何か
  「権力装置」から「福祉装置」へ
  市民社会と国家の区別
終章 公共福祉へ

価格:¥ 2,940
出版社: 中央法規出版 (2010/05)
ISBN-10: 4805832975
ISBN-13: 978-4805832974
発売日: 2010/05
http://www.chuohoki.jp/ebooks/commodity_param/ctc/+/shc/0/cmc/3297/backURL/http%28++www.chuohoki.jp+ebooks+main

No comments

Jump to comment form | comments rss | trackback uri

Name (required)

Email (required)

ウェブサイト

Speak

対話型講義のススメ マイケル・サンデル関連情報      ハーバード白熱教室JUSTICE特設サイト  小林正弥オフィシャルページ      3.11震災後の世界を語ろう

メーリングリスト

検索


リンク

重要リンク

関連リンク

     

掲示板

total of 5028853 visits