カテゴリ

最近の投稿

« | Home | »

4/12(火)緊急開催「公共哲学カフェ 13」

Posted: on 12:33 pm | 311震災後の世界を語ろう, 公共哲学カフェ, 公共的活動(public action), 研究会・セミナー(seminars)

●緊急開催「公共哲学カフェ 13」

【テーマ】:市民にとっての危機管理

福島と新潟の原子力発電は、東京電力の配電の四分の一を占めます。原発の是非とは別に
、40年間その恩恵を受けてきた首都圏は被災地を支える責任があるでしょう。未曾有の事
態に一人ひとりが立ち向かうために、危機管理の考え方、 経験と実践が役立つのではない
でしょうか。「3.11東日本大震災」後を論じ合う場になればと思います。

【メインスピーカー】:青山 やすし さん (あおやま やすし ※「やすし」はにんべ
んに八と月)

作家、明治大学公共政策大学院教授、元東京都副知事。都副知事時代に三宅島噴火現地災
害対策本部長を務め、ニューオーリ ンズ復興支援にも携わる。『行政マンの体験的情報術
』、『東京都市論』、『小説 後藤新平』、『1億人の防災ハンドブック』(監修)など、著書多数。

青山さんの公式ウェブサイト
→http://aoyamayasushi-hp.web.infoseek.co.jp/index.htm

【コーディネーター】:赤羽高樹(小石川ユニット)

【日時】:4月12日(火) 18時30分~21時

【場所】:東京・田町の東京工業大学田町キャンパス内 
キャンパス・イノベーションセンター リエゾンコーナー501(AB)
※5階まで歩ける人は階段で(エレベーターもあります)。
東京都港区芝浦3-3-6 JR線田町駅下車徒歩1分、都営地下鉄三田線下車徒歩3分
地図→http://www.cictokyo.jp/access.html

【会費】:500円(資料代+お茶・お菓子代含む) 
※今回の会費は、震災復興支援の義援金に回す予定です

【連絡先】公共哲学カフェ事務局
03-5842-7979(tel) 03-5842-7261(fax)
http://koishikawaunit.net/(090-1208-8159  赤羽)

2 Comments

Jump to comment form | comments rss | trackback uri

2 Comments so far

  1. 鏡 諭 on 4月 10, 2011 9:01 pm

    淑徳大学の鏡です。青山さんのお話楽しみにしております。

  2. 中村光男 on 5月 5, 2011 3:21 pm

    私の友人の山田恭暉君(東大工学部卒)=安保世代の退役技術者が「福島原発暴発阻止行動隊」の呼びかけをしました。すでに、ソーシャルメデイアで広汎な反響を呼んでいます。政府与党・原発関係者も反応し始めました。HarvardのProf. Sandelにも呼びかけ(英文)を送り,コメントを求めています。連休明けには,議論の段階から,アクションへと進むでしょう。公共哲学・公共政策関係の方々のコメント・助言をお願いします。中村光男(東大哲学1960年卒,PhD Cornell 文化人類学1976, 千葉大学名誉教授)http://park10.wakwak.com/~bouhatsusoshi/参照

Name (required)

Email (required)

ウェブサイト

Speak

対話型講義のススメ マイケル・サンデル関連情報      ハーバード白熱教室JUSTICE特設サイト  小林正弥オフィシャルページ      3.11震災後の世界を語ろう

メーリングリスト

検索


リンク

重要リンク

関連リンク

     

掲示板

total of 5028626 visits