カテゴリ

最近の投稿

« | Home | »

マイケル・サンデル邦訳出版記念シンポジウムのご案内

Posted: on 4:36 pm | Michael Sandel, 研究会・セミナー(seminars)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
マイケル・サンデル邦訳出版記念シンポジウム
グローバルな時代における公共哲学
=マイケル・サンデル教授を迎えて=
2009年3月20日(金)10:00-17:00
「アメリカの公共哲学:コミュニタリアニズムと共和主義」
2009年3月21日(土)10:00-17:00
「公共哲学の文化横断的対話:東アジアとアメリカ」
場所:千葉大学 人文社会科学研究科棟
   2F マルチメディア会議室
http://www.chiba-u.ac.jp/general/about/map/nishichiba.html
(上記のURLの地図における21番の建物の2階)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<趣旨>
 コミュニタリアニズムの世界的代表者マイケル・サンデル教授(ハーバード大学)をお迎えして、その邦訳書『リベラリズムと正義の限界』(勁草書房)などの出版を記念してシンポジウムを千葉大学で開催します。中国・韓国・台湾・香港などからの東アジアの代表的政治思想研究者と共に、初日は「アメリカの公共哲学」を、そして2日目は「公共哲学の文化横断的対話」を議論します(英語)。「グローバルな時代における公共哲学」の起点となる国際的会議ですので、ぜひともご参集下さい。
【プログラム】
programme
(上をクリックするとリーフレットのPDFファイルが開きます)
3月20日(金)
「アメリカの公共哲学:コミュニタリアニズムと共和主義」
午前(10:00-12:10)
第1セッション 
基調講演: マイケル・サンデル (ハーバード大学)「グローバルな時代のための公共哲学」
小林正弥(千葉大学)「日本の公共哲学を地球化する(仮題)」
コメント:五十嵐武士(東京大学)、三浦信孝(中央大学)
午後①(13:00−14:30)
第2セッション リベラル ‐ コミュニタリアン論争再考:『自由主義と正義の限界』をめぐって
報告:井上達夫(東京大学)「サンデル政治哲学における普遍主義的転回のリベラルな再構成」
菊池理夫(三重中京大学)「日本におけるサンデルの『リベラリズムと正義の限界』と現代コミュニタリアニズムの受容」
コメント:中野剛充(千葉大学)          
午後②(15:00-17:00)
第3セッション 共和主義を求めて:『民主政の不満』をめぐって
報告:蕭高彦(中央研究院) 「共和主義と陶冶的政治:マイケル・サンデルと政治的コミュニティーの現代理論」
伊藤洋典(熊本大学) 「コミュニティの変容と場所の意味」
コメント:桑原直己(筑波大学)
 
3月21日(土)
「公共哲学の文化横断的対話:東アジアとアメリカ」
午前(10:00-12:20)
第4セッション 東アジアの伝統と公共哲学:中国と朝鮮
基調講演:李強(北京大学)「国家建設の不満:公共哲学を求める中国の改革」
コメント:小林正弥(千葉大学)
報告:陳祖為(香港大学)「儒教:コミュニタリアニズム的か、完成主義的か?」
金鳳珍(北九州大学) 「三元思考の公共哲学とハン思想」
コメント:蔡 孟翰(千葉大学)
午後①(13:10−14:30)
第5セッション 東アジアの民主主義:過去と現在
報告:キム・スンホ(韓国、延世大学) 「未来への帰還:民主化後の韓国民主主義における市民社会を再定位する」
稲垣久和(東京基督教大学)「東アジアの民主主義と市民的美徳」
コメント: 安武真隆(関西大学)
午後②(14:40-16:00)
第6セッション グローバルな公共哲学に向けて
報告 蔡英文(台湾、中央研究院)「グローバリゼーションの時代における、文明の衝突から文化横断的対話の可能性へ」
山脇直司(東京大学)「グローカル公共哲学の理念と射程」
コメント:ローレンス・ハミルトン(南アフリカ、ヨハネスブルグ大学)
午後③(16:10-17:00)
第7セッション パネル・ディスカッション 

<問い合わせ先>
公共哲学センター

〒263-8522
千葉市稲毛区弥生町1-33
e-mail: cpp1@shd.chiba-u.ac.jp

1 Comment

Jump to comment form | comments rss | trackback uri

1 Comment so far

  1. Takeshi Toya on 4月 24, 2010 2:43 am

    マイケルサンデルをNHKの白熱教室で初めて見ました。頭を殴られたような衝撃で、素晴らしい授業でした。現代の抱える様々な倫理的問題に対して彼の分析と問題提起は目を覚まされました。私は医師として、普段医療に奮闘していますが、このような問題、特に社会的弱者に対して病院で行われている差別、そして脳死臓器移植問題などに診られる倫理的な問題に対して、素晴らしい光を与えてくれます。これから、彼の講義を見るのが本当に楽しみです。マイケルサンデルの研究会や勉強会などあれば是非参加してみたいと思います。もしよろしければ、教えていただければ幸いです。

Name (required)

Email (required)

ウェブサイト

Speak

対話型講義のススメ マイケル・サンデル関連情報      ハーバード白熱教室JUSTICE特設サイト  小林正弥オフィシャルページ      3.11震災後の世界を語ろう

メーリングリスト

検索


リンク

重要リンク

関連リンク

     

掲示板

total of 5029748 visits