カテゴリ

最近の投稿

« | Home | »

10/28(月)公共哲学カフェ 23 『給付行政から支援・媒介的行政へ』

Posted: on 11:44 pm | 公共哲学カフェ, 公共的活動(public action), 研究会・セミナー(seminars)

皆さま、こんにちは。

「公共哲学カフェ」世話役の中野です。
次回の「公共哲学カフェ」について、ご案内申し上げます。

次回は、この「公共哲学カフェ」の世話人のお1人であり、
さまざまな形で「公共哲学」について研究・活動されてきた、
宮崎文彦さん(千葉大学人文社会科学研究科特別研究員、法経学部非常勤講師)を
メインスピーカーにお迎えし、開催いたします。

宮崎さんはこのたび、公共哲学をテーマに据えた論文、
『「新しい公共」における行政の役割とデモクラシーの理想──公共哲学アプローチによる政策研究と現代共和主義理論の架橋』で
博士号を取得されました。

今回は、この博士論文の中の1つの論題、
「給付行政から支援・媒介的行政へ――『新しい公共』における行政の役割」というテーマで
お話しいただきます。

私たちは日々、市役所や区役所などの身近な行政機関とつきあいつつ、生活しています。

このような基礎的な自治体との関係は、これからの時代どのようなものであるべきなのか。
「新しい公共」という概念を手掛かりに、皆さまとご一緒に考えてみたいと思います。

どなたでも参加できる会ですので(予約の必要はありません)、
ご関心がおありの方はどうぞお気軽にお越しください。

これまで参加された方も、今度初めて参加してみようと思われる方も、どちらも歓迎です。
ご参加お待ち申し上げております。

**************************************************************
◎公共哲学カフェ 23  『給付行政から支援・媒介的行政へ――『新しい公共』における行政の役割』◎

【日時】: 2013年10月28日(月) 18時30分~21時(開場18:15)

【会場】: 東京工業大学田町キャンパス内 キャンパス・ イノベーション
センター リエゾンコーナー508AB

※キャンパスイノベーションセンターの「5階」です。

東京都港区芝浦3-3-6 JR線田町駅下車徒歩1分、都営地下鉄三田線下車徒歩3分
地図→http://www.cictokyo.jp/access.html

【テーマ】: 『給付行政から支援・媒介的行政へ――『新しい公共』における行政の役割』

※民主党政権下で進められた「新しい公共」の事例も取り上げながら、財政面でも人材面でもリソースが限られている時代にあって、
行政の役割はどこにあるのかを考えてみたいと思います。

【メインスピーカー】 : 宮崎文彦さん(千葉大学人文社会科学研究科特別研究員、法経学部非常勤講師)

1974年東京生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、東京工業大学社会理工学研究科価値システム専攻に進学。
同修士課程修了、同博士課程単位取得退学。
2004年より高崎経済大学非常勤講師、千葉大学人文社会科学研究科COEフェローを務める。
シリーズ『公共哲学』では、第4巻「欧米における公と私」ならびに第11巻「自治から考える公共性」に発言が収録されている。
2013年9月、千葉大学人文社会科学研究科より「博士(公共学)」を取得。

【コーディネーター】 : 赤羽高樹(編集者、小石川ユニット) & 中野弘太郎(編集者)

【ゲスト】:山崎 誠(前衆議院議員、みどりの風 神奈川県支部支部長 政策調査会主幹) ※予定

【会費】:500円 (資料代+お茶・お菓子代含む)

【連絡先】
公共哲学カフェ事務局
03-5842-7979(tel) 03-5842-7261(fax)
http://koishikawaunit.net/(090-1208-8159 (赤羽)
**************************************************************

中野弘太郎

No comments

Jump to comment form | comments rss | trackback uri

Name (required)

Email (required)

ウェブサイト

Speak

対話型講義のススメ マイケル・サンデル関連情報      ハーバード白熱教室JUSTICE特設サイト  小林正弥オフィシャルページ      3.11震災後の世界を語ろう

メーリングリスト

検索


リンク

重要リンク

関連リンク

     

掲示板

total of 4903841 visits