カテゴリ

最近の投稿

カテゴリ「論文・書評・所感など」のリスト

     

グローカル公共哲学の射程-新自由主義に抗して

土曜日, 10月 6th, 2007

東京工業大学教授 今田高俊   市場原理主義にもとづいたグローバル化は公共性を閉ざす力学を内包し、世界は私心化の呪縛に陥る危険性がある。なすべきことは、新自由主義が引き起こして いる弱肉強食型のグローバル化に抗して、異質 […]

Read More..>>

ハーバード・フォーラム「地球時代の公共哲学」を終えて

土曜日, 10月 6th, 2007

山脇 直司 去る3月7日から3日間、アメリカのハーバードで、「地球時代の公共哲学(Public Philosophy in the Age of Globalization)」と題するフォーラムが開かれた。そもそも公共哲 […]

Read More..>>

山脇直司著『経済の倫理学』をめぐって

土曜日, 10月 6th, 2007

山脇直司著『経済の倫理学』をめぐって 竹中英俊 手元に塩野谷祐一著『経済と倫理』(東京大学出版会、2002年4月)、金子勝著『経済の倫理』(新書館、2000年11月)がある。鈴村興太郎・後藤玲子著『アマルティア・セン 経 […]

Read More..>>

公共哲学による学問の構造改革を!

土曜日, 10月 6th, 2007

公共哲学による学問の構造改革を! ――社会諸科学と哲学の学際的で国際的な教育・研究体制の確立へ向けて 山脇直司 21世紀に入り、日本でもCOE構想など、学問体制変革の兆しが見えている。この兆しが今後どのような展開を遂げる […]

Read More..>>

「公共世界-自己-他者」理解の革新

土曜日, 10月 6th, 2007

「公共世界-自己-他者」理解の革新 ——『新社会哲学宣言』に寄せて—— 山脇 直司 昨年9月に創文社から上梓した『新社会哲学宣言』は、筆者が、経済学から哲学に転向して学位を […]

Read More..>>

『ネクスト――善き社会への道』

土曜日, 10月 6th, 2007

『ネクスト――善き社会への道』 (麗澤大学出版会のHPへリンク) 監訳:小林正弥 訳:公共哲学センター 出版社:麗澤大学出版会 出版年:2005年

Read More..>>

「一神教とは何か 公共哲学から問い」

土曜日, 10月 6th, 2007

「一神教とは何か 公共哲学から問い」 (東京大学出版会のHPへのリンク) 編者:大貫隆、黒住真、金泰昌、宮本久雄 出版社:東京大学出版会 出版年:2006年

Read More..>>

『靖国神社「解放」論』

土曜日, 10月 6th, 2007

『靖国神社「解放」論』 (光文社のHPへのリンク) 著者:稲垣久和 出版社:光文社 出版年:2006年

Read More..>>

『テイラーのコミュニタリアニズム 自己・共同体・近代』

土曜日, 10月 6th, 2007

『テイラーのコミュニタリアニズム 自己・共同体・近代』 (勁草書房のHPへのリンク 著者:中野剛充 出版社:勁草書房 出版年:2007年

Read More..>>

千葉眞・小林正弥編『平和憲法と公共哲学』

土曜日, 10月 6th, 2007

 『平和憲法と公共哲学』 (晃洋書房のHPへのリンク) 編者:千葉眞、小林正弥 出版社:晃洋書房 出版年:2007年

Read More..>>
対話型講義のススメ マイケル・サンデル関連情報      ハーバード白熱教室JUSTICE特設サイト  小林正弥オフィシャルページ      3.11震災後の世界を語ろう

メーリングリスト

検索


リンク

重要リンク

関連リンク

     

掲示板

total of 4965392 visits