カテゴリ

最近の投稿

2007年 10月のリスト

公共哲学叢書

日曜日, 10月 7th, 2007

 公共哲学叢書9 『グローカル公共哲学 「活私開公」のヴィジョンのために』 (東京大学出版会のHPへリンク) 著者:山脇直司 出版年:2008年 公共哲学叢書8 『公共哲学と古典と将来』 (東京大学出版会のHPへリンク) […]

Read More..>>

公共哲学シリーズ(全20巻)

土曜日, 10月 6th, 2007

第1期シリーズ(全10巻) 第2期シリーズ(全5巻) 第3期シリーズ(全5巻) 公共哲学 (全10巻)第1期シリーズのご案内 (東京大学出版会のHPへリンク) 第1巻 公と私の思想史(佐々木毅、福田歓一ほか) 第2巻 公 […]

Read More..>>

公共哲学紹介文献

土曜日, 10月 6th, 2007

1.山脇直司、大沢真理 大森 彌 松原隆一郎 編『現代日本のパブリック・フィロソフィ』(新世社、1998年)は、今日の日本において、「公共哲学」を初めて本格的に取り上げて論じた画期的な著作です。その代表的な編者・山脇直司 […]

Read More..>>

総合論的公共性論――新公共体主義の展望

土曜日, 10月 6th, 2007

小林正弥(千葉大学)  一、序 戦後日本政治理論の盲点――大衆的自我主義と新国家主義 戦後日本政治理論にとって、戦前のような(天皇制的)国家主義は、克服すべき最大の問題であり、「国家=公=官」という三位一体のトリアーデは […]

Read More..>>

「ハーヴァード地球的公共哲学セミナー所感──共同体主義者達との交感」

土曜日, 10月 6th, 2007

「ハーヴァード地球的公共哲学セミナー所感──共同体主義者達との交感」 小林正弥(千葉大学法経学部法学科助教授) 1.序 ハーヴァード雑感──英米双方のケンブリッジ 私にとって、ハーヴァード大学(さらにはアメリカ自体)は初 […]

Read More..>>

「ケンブリッジ・フォーラム所感──概括と成功報告」

土曜日, 10月 6th, 2007

小林正弥(千葉大学) 1.  総括的印象──信頼の成果 今回のフォーラムは、ケンブリッジ・フォーラムとしては2回目であり、既に双方に相当の信頼感が醸成されていたため、(韓国や)特に中国の場合に比して、(2日目に朝のタクシ […]

Read More..>>

日韓公共哲学共同研究会所感

土曜日, 10月 6th, 2007

小林正弥(千葉大学) 私にとって、今回の会議は、初の韓国訪問であると同時に、初のアジアの国への旅であった。イギリスに海外研修に行った際に若干ヨーロッパ諸国を回っただけで、他に観光目的の海外旅行はしたことがないので、近年の […]

Read More..>>

社会諸科学の哲学・政治哲学・公共哲学

土曜日, 10月 6th, 2007

「社会諸科学の哲学・政治哲学・公共哲学――『政治的恩顧主義(クライエンテリズム)論』の方法論的背景とその展開」 小林正弥 一.日本行動主義的政治科学批判――経験的批判と方法論的批判 拙著『政治的恩顧主義(クライエンテリズ […]

Read More..>>

グローカル公共哲学の射程-新自由主義に抗して

土曜日, 10月 6th, 2007

東京工業大学教授 今田高俊   市場原理主義にもとづいたグローバル化は公共性を閉ざす力学を内包し、世界は私心化の呪縛に陥る危険性がある。なすべきことは、新自由主義が引き起こして いる弱肉強食型のグローバル化に抗して、異質 […]

Read More..>>

ハーバード・フォーラム「地球時代の公共哲学」を終えて

土曜日, 10月 6th, 2007

山脇 直司 去る3月7日から3日間、アメリカのハーバードで、「地球時代の公共哲学(Public Philosophy in the Age of Globalization)」と題するフォーラムが開かれた。そもそも公共哲 […]

Read More..>>
対話型講義のススメ マイケル・サンデル関連情報      ハーバード白熱教室JUSTICE特設サイト  小林正弥オフィシャルページ      3.11震災後の世界を語ろう

メーリングリスト

検索


リンク

重要リンク

関連リンク

     

掲示板

total of 5028601 visits